教育に関する選択肢を広げ、みんなの夢を応援するブログ

私立高等学校授業料の実質無料化について(2020年4月から)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
世界平和の実現を目指す
2019年4月から小学校教員復職

幼・小・中・大学での教員経験あり

専門は、教育・国際教育協力・ブータン王国
Pocket

どうも!ヤスノリモリ(@yasunorimoori)です!

 

この記事は通信制高校について個人が理解を深め、教育の中でより良い選択肢ができるように書いているシリーズです。

通信制高校の授業料を調べたらN高等学校がお得だと気付いたについてはこちらの記事を参照ください。

>>通信制高校の授業料を調べたらN高等学校がお得だと気付いた

 

この記事を読んで分かることは以下の通りです。

  • 2020年4月から私立学校の授業料は実質無料になるので私立学校に行きやすくなる。
  • ただ、入学費や設備費などの+αにかかるお金のことに注意!

 

さて、ここでは私立高等学校授業料の実質無料化について(2020年4月から)について取り上げます。

私立高等学校授業料の実質無料化について(2020年4月から)

広報用チラシを見てわかること

チラシを見たらわかることは以下の通りです。

  1. これまでの支援金では私立学校の授業料は補填できていなかった。
  2. 2020年度からは課税所得が590万円未満の家庭では授業料全額を補填してくれる。
  3. 課税所得590万円以上910万円未満の家庭では公立高校の授業料分の11万8800円を補填してくれる。

私の視点

さて、具体的にある私立学校にかかる費用を具体的に見ていきましょう。

  • 入学金/130,000円
  • 授業料/736,000円
  • 教育充実費/140,000円
  • その他/23,800円
  • タブレット端末費用/約53,000円(本体価格、設定費用等を含む)
  • ※変更になる可能性があります。

授業料分を差し引いたとして、初年度にかかる費用は入学金+教育充実費+その他+タブレットで合計約30万円ほど。

次年度は、教育充実費+その他で17万円ほどでしょうか。(その次の年も同様)

3年間で少なくとも64万円の費用がかかることがわかります。

もちろん、他にも交通費や部活動でかかる諸経費のことについても考える必要があるでしょう。

ただ、支援金があるおかげで年間73万円を超える授業料を支払わなくてもよくなるのは素晴らしいことですよね。

まとめ

私立高等学校授業料の実質無料化について(2020年4月から)について以下のことについてご理解いただけたでしょうか?

  • 2020年4月から私立学校の授業料は実質無料になるので私立学校に行きやすくなる。
  • ただ、入学費や設備費などの+αにかかるお金のことに注意!

 

この記事を書いていて、「私立にどんどんチャレンジするのもありだな!!」と思いました。

中学3年生のこれからの進路先を広げる際に支援金のことを頭に入れて考えて欲しいなと思います。

 

これからも通信制高校について書いていきますので、

是非また読んでくださいね。

コメントやご質問などありましたらTwitterのDMにご連絡ください。

みなさまのコメントからブログの内容も考えていきたいと思います。

ヤスノリモリ(@yasunorimoori)

この記事を書いている人 - WRITER -
世界平和の実現を目指す
2019年4月から小学校教員復職

幼・小・中・大学での教員経験あり

専門は、教育・国際教育協力・ブータン王国

Copyright© 夢と歩こう , 2019 All Rights Reserved.