教育に関する選択肢を広げ、みんなの夢を応援するブログ

通信制高校の退学率と卒業後の進路について解説します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
世界平和の実現を目指す
2019年4月から小学校教員復職

幼・小・中・大学での教員経験あり

専門は、教育・国際教育協力・ブータン王国
Pocket

どうも!ヤスノリモリ(@yasunorimoori)です!

 

この記事は通信制高校について個人が理解を深め、教育の中でより良い選択肢ができるように書いているシリーズです。

「通信制高校とは何か?」についてはこちらの記事を参照ください。

>>「通信制高校の定義とその特徴について解説します。」

 

この記事を読んで分かることは以下の通りです。

  • 通信制高校の退学率は全日制高校に比べて高い。
  • 公立よりも私立通信制高校の方が退学率が低い。
  • 進路先は全日制高校とだいたい同じ。

 

さて、ここでは「通信制高校の退学率と卒業後の進路」について取り上げます。

全日制高校と通信制高校の退学率を比較

通信制高校に興味がある人は、その卒業率が気になるところだと思います。

それは通信制高校のイメージが、「授業が厳しいのではないか?」といったことや「単位取得のサポートが充実していないのではないか?」、「その結果卒業しづらいのではないか?」というものがあると予想されるからです。

 

ただ、データを調べていく中で、単純に卒業率を調べることができないことがわかりました。

それは、単純に3年で卒業するわけではない理由から(そう推察できます。)、卒業率がデータで示されていなかったからです。よって、今回は退学率を示します。

データを見ていきましょう!

調査結果の概要(初等中等教育機関、専修学校・各種学校)  (PDF:1163KB) 

全日制普通高校と通信制高校の退学率

表を見たらわかる通り、全日制高校の退学率は1.2から1.6%、通信制高校の退学率は4.9から5.4%でした。

単純に通信制高校の方が退学率が多いですね。

ちなみに余談ですが、通信制高校は生徒数が令和元年で1万人以上増えていますね。

全日制普通高校
生徒数 退学者数 退学率(%)
平成25年度 2,398,261 23,924 1.6
平成26年度 2,415,330 21,260 1.3
平成27年度 2,409,432 19,650 1.1
平成28年度 2,406,674 19,021 1.1
平成29年度 2,388,509 20,096 1.1
平成30年度 2,357,379 21,707 1.2
令和元年度 2,307,974
通信制高校
生徒数 退学者数 退学率
平成25年度 185,589 9,786 5.3
平成26年度 183,754 9,345 5.2
平成27年度 180,393 9,708 5.5
平成28年度 181,031 9,669 5.5
平成29年度 182,515 8,814 4.9
平成30年度 186,502 9,735 5.4
令和元年度 197,779

 

私の視点

個人的には「思ったより通信制高校の人は退学していないんだな~。」という印象を持ちました。全日制と比べれば高い退学率ですが、1ケタ台なので悪くない印象を持ちます。

ちなみに上の表には載せませんでしたが、私立通信制高校の方が退学率が低かったです。このことから、公立よりも私立通信制高校の方が生徒へのサポートが手厚いことが推察されます。

 

 

全日制高校と通信制高校の進路先を比較

卒業率についてはわかったけど、どうしてもその進路は気になるものですよね。

そんな進路先をデータを見て比較していきます!

 

全日制普通高校の進路先

データを見ていくと、進学が最も多く、次に就職が多い結果となっています。

普通高校の半分以上の生徒が大学に進学するんですね。

全日制普通高校
卒業者数 大学等進学者 就職者 左記以外の者
1,056,378 578,041 185,780 52,941
54.7% 17.5% 5%

(1)卒業者数
平成 30 年3月の高等学校(全日制課程・定時制課程)卒業者数は 1,056,378 人(男子 532,219 人,
女子 524,159 人)。
(2)卒業者の状況
卒業者を状況別にみると,「大学等進学者」578,041 人,「専修学校(専門課程)進学者」168,782 人,
「専修学校(一般課程)等入学者」57,416 人,「公共職業能力開発施設等入学者」6,235 人,「就職者」(大学等進学者,専修学校(専門課程)進学者,専修学校(一般課程)等入学者及び公共職業能力開発施設等
入学者に含まれる者を除く。)185,780 人,「一時的な仕事に就いた者」6,984 人,「左記以外の者」52,941 人,「不詳・死亡の者」199 人である。

通信制高校の進路先

一方で、通信制高校では大学進学者は18%程度であることがわかりました。

また、就職者は20%です。

進学も就職もしない人は全体の37%にのぼることがわかりました。
通信制高校
卒業者数 大学等進学者 就職者 左記以外の者
53,550 9,885 10,501 19,871
18% 20% 37%

(1)卒業者数
平成 29 年度間の高等学校(通信制課程)の卒業者数は 53,550 人(男子 27,689 人,女子 25,861 人)。
(2)卒業者の状況
卒業者を状況別にみると,「大学等進学者」9,885 人,「専修学校(専門課程)進学者」11,343 人,
「専修学校(一般課程)等入学者」704 人,「公共職業能力開発施設等入学者」490 人,「就職者」(大学
等進学者,専修学校(専門課程)進学者,専修学校(一般課程)等入学者及び公共職業能力開発施設等
入学者に含まれる者を除く。)10,501 人,「左記以外の者」19,871 人,「不詳・死亡の者」756 人である。

 

私の視点

大学進学率という点で見れば、全日制普通高校の方が大学に進学していることがわかりました。

ただ、どちらの高校も選択肢があり、進路先は同じようなものと言えるのではないかと思う。

もし、自分のやりたいことが決まっていて

例えば通信制高校でも大学に進学したい人はN高等学校の進学コースで頑張ればい良いし、声優になりたいならヒューマンキャンパス高等学校に入ればいいのではないでしょうか?

 

まとめ

「通信制高校の退学率と卒業後の進路」について以下のことについてご理解いただけたでしょうか?

  • 通信制高校の退学率は全日制高校に比べて高い。
  • 公立よりも私立通信制高校の方が退学率が低い。
  • 進路先は全日制高校とだいたい同じ。

 

この記事を書いていて、「通信制高校に行くのも1つの選択肢として悪くないな」と思いました。

情報を集める前は、「きっとたくさんの人が退学しているに違いない。」「大学に行くのは難しいだろう。」と思っていましたが、データを見る限りそんなことはないことがわかりました。

退学率は5%前後だし、大学に進学している人もたくさんいます。

進路先として悪くないのではないでしょうか?

 

これから通信制高校について書いていきますので、

是非また読んでくださいね。

コメントやご質問などありましたらTwitterのDMにご連絡ください。

みなさまのコメントからブログの内容も考えていきたいと思います。

ヤスノリモリ(@yasunorimoori)

この記事を書いている人 - WRITER -
世界平和の実現を目指す
2019年4月から小学校教員復職

幼・小・中・大学での教員経験あり

専門は、教育・国際教育協力・ブータン王国

Copyright© 夢と歩こう , 2019 All Rights Reserved.