皆さんの選択肢を広げ、夢を応援するブログ

ブータンの保健体育教育とスポーツ教育

 
この記事を書いている人 - WRITER -
世界平和の実現を目指す
現役の高校教員

幼・小・中・高・大学での教員経験あり

専門は、教育・国際教育協力・ブータン王国
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

はじめに

こんにちは、ヤスノリモリです。

コロナが収まる気配がないですね〜!

早く地元に帰りたいものです🚆

 

さて、この記事はブータンや海外の教育やスポーツ興味がある人に向けての記事です。

この記事を読むことで以下のようなことが理解できます。

 

 

【結論】ブータンの生涯スポーツ教育は始まったばかり。これからに期待!

・ナショナルカリキュラムでは学校内での保健体育教育がある。

・授業時間外行う学校スポーツプログラムがある、

・女性がスポーツをする姿をほぼ見ない。

それでは、細かく見ていきます!

 

ブータン王国の保健体育教育およびスポーツ教育の現状

以下、少し堅い話です。

ブータン保健体育科ナショナルカリキュラム(2016)の前書きにおいて,「健全な教育を通して健全な人を育てること.」が保健体育教育科の役割とされている.そのカリキュラムの中で,アンカー基準が5つあり,その基準を達成するために,保健体育科および学校スポーツプログラムの目標が掲げられている.ブータンの保健体育科においては,授業時間内に行う活動を保健体育科,そして,授業時間外に行う活動を学校スポーツプログラムと定めている.そのことを踏まえた上で,1を参照していただきたい.アンカー基準は,保健体育科および学校スポーツプログラムの行動基準を決めるための大元の基準である.(ブログ著者翻訳)

 

上のことを簡単に言うと、ブータンの健康教育のために2つの政策あります。

  • 保健体育教育を学校でします。
  • 放課後や週末にスポーツ教育をします。

といった感じです。

 

ちなみにブータン王国の保健体育教育は、

Class PP(5歳)からClass 12(基本的に18歳)まで行われます。

ただ、実質的にはclass 6 or 8まで保健体育教育を行っている地域が多く、class 12まできちんと実施していない学校がほとんどのようです。

日本ではちゃんと保健体育を行うのが普通ですが、そうで無いパターンがあることをブータンで知りました。

 

また放課後や週末に行うスポーツ教育は、教員ではなくSchool Sports Instructor(SSI)が実施しています。

これは中々画期的な制度で、スポーツ指導はSSIが行うという役割分担がきっちりしています。

日本でも見習ってほしい制度ですね。

 

女性がスポーツをする姿をほとんど見ない

男性がバスケットボール、サッカーやバレーボールを行っている風景は街を歩けば見かけることができます。

その一方で女性がスポーツを行っているのをほとんど見かけません。

その理由を考えてみると主に2点挙げられます。

 

1点目は、民族衣装の関係ですぐに運動しづらいから。

ブータンの女性はキラという服を着て生活しています。

その服はスカートの長さが足首ほどまであり、簡単にスポーツができるような服装ではありません。

民族衣装の関係でスポーツを行いにくい環境になっていると考えられます。

 

2点目は、他者の目を気にしているから。

ブータン王国では、(私の印象論になりますが)何か目立つことをすることを特に女性は嫌います。

日本で言うと大和撫子精神が根付いているように思います。

だからこそ多くの女性がスポーツをする機会をあえて手放しているように見えます。

少し前の日本も同様で、今に比べスポーツをしていない女性が多かったようです。

 

【参考】成人のスポーツ実施率の推移

平成3年日本の女性は週1回運動を実施している割合が26.7%。令和2年はそれが51%になっています。

ブータンも感覚的には同じ感じで、30年後は女性の半数以上がスポーツをする状況になるのではないかと期待しています。

 

おわりに

いかがだったでしょう。

以下のことを理解できたでしょうか?

 

【結論】ブータンの生涯スポーツ教育は始まったばかり。これからに期待!

・ナショナルカリキュラムでは学校内での保健体育教育がある。

・授業時間外行う学校スポーツプログラムがある、

・女性がスポーツをする姿をほぼ見ない。

 

日本でもたった30年前はほとんどの女性が定期的に運動しない世の中でした。

その事実にかなり衝撃を受けたのですが、ブータン王国でも同じ感じなのかな〜と改めて思います。

スポーツを実施すれば健康になることはデータで示されています。

多くのブータンの方、もちろん日本人も毎日を健康的に過ごせるといいですね。

より良い保健体育教育とスポーツ教育制度ができることを期待します。

 

それでは!

ほなね〜!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
世界平和の実現を目指す
現役の高校教員

幼・小・中・高・大学での教員経験あり

専門は、教育・国際教育協力・ブータン王国
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ヤスノリモリのブログ , 2021 All Rights Reserved.